キャッシング 相談窓口

MENU

キャッシングの相談窓口

 

2010年の貸金業法改正で、「総量規制」というのが導入されました。

 

これは「無担保で借りることのできる金額は、年収の三分の一まで」というものです。これに従う必要のあるのは消費者金融系、信販系などの業者であって、銀行系は別の法律が適用されています。

 

が、何はともあれ、業者の方でも一定の制限の元でしかお金を貸すことができなくなりました。

 

なぜ、こんなシステムができたのかといえば、「多重債務」で経済的に破たんする人が多かったからです。

 

多重債務とはあっちにお金を借り、こっちにお金を借りしている人を言います。総量規制があるために、今では業者の方でも「三分の一」の限度が来たお客には自動的に貸さなくなります。

 

これでいくらかは危険が減ったはずです。が、それでも借金で首が回らない人だってたくさんいるでしょう。

 

特に怖いのはいったん返済が遅れだしてからです。というのは、貸出金利に加えて、遅延賠償金というのがかかってきます。こうなると新たに借金をしたわけでもないのに、どんどん返済しなければならない金額が膨らんでいきます。もう「雪だるま式」というしかないでしょう。

 

こうなる前にしっかりと手を打ちましょう。自分ではどうしていいのか分からないようならば、相談窓口を頼りましょう。

 

これは各業者も設けています。また、市町村などが設けた公的なものもあるでしょう。

 

放っておくと放っておくほど深みにはまっていきます。まずは現実を直視して、解決方法への道を歩き出さなければなりません。