MENU

お金をどこから借りればいい?

お金をなんとか借りたい、必要という時に
知人友人家族から借りれない、トラブルになった
という方は多いです。

 

きちんと契約することで面倒な手続きもなく、人間関係で
悩むことがないキャッシングの会社はやはり急いでいるときには
非常に助かります。

 

引っ越し費用や、急な入院、冠婚葬祭費用など
目的は自由で借りることができる大手のキャッシング会社は
安心して使えます。銀行系の場合は審査が各社基準が異なるので

 

まとめて数社に借り入れを申し込むことは避けましょう。

失敗しないキャッシング会社の選び方

利率を考えて賢くキャッシングをしよう

 

お金を借りる!即日で借りられる優良キャッシング会社

キャッシングの利用をおすすめするサイトでよく「消費者金融系の業者が用意している利率ゼロのキャッシングを上手に利用すると、余分なコストなしに、現金を利用できます」なんて説明されていることがあります。

 

おそらくは、実際に使ったことがないか、または、実際に使う場面を頭の中ででもちゃんと想像のできない人が書いたものでしょう。

 

これは「無利息サービス」あるいは「無金利融資」などと呼ばれるものを指しています。
たいていは「初回限り、期間は30日」といった制約があります。

 

仮に金利18パーセントのところで、10万円借りたとすると、30日で約1,500円の利息になります。この分がタダになるだけです。

 

繰り返し使えるのならば、利用価値のあるシステムでしょう。が、一回きりです。

 

つまり、何か契約した時にもらえるティッシュペーパーのようなものです。
「キャッシングの利率は気にしない!30日間の無利息サービス実施中!」などといった
宣伝には釣られないようにしましょう。

 

このキャッシングが普及した理由の一つがお手軽さでしょう。多くの場合、コンビニなどに置いてあるATMでも利用できます。
ほとんど銀行カードで自分の預金を引き出すような感じです。
が、最大で20パーセントの金利がかかります。
これでも改正貸金業法のおかげで、9パーセントも下がりました。が、それでも十分に高いでしょう。

 

また、支払いが遅れると、遅延賠償金がかかります。
さらに金利の負担が増します。

 

その引き出したお金が借金であることは忘れてはいけません。 

 

キャッシングとクレジットカードの違い

お金を借りる!即日で借りられる優良キャッシング会社

全く別のものです。

 

先に普及したのはクレジットカードです。が、信販会社、つまりクレジットカードの会社がカードキャッシングにまで進出し、両方を扱うようになりました。

 

そのため、クレジットカードを契約したつもりが、一緒にキャッシングの機能までついてくるというのが当たり前になってきました。

 

クレジットカードとキャッシングカードが同じ一枚でかねることもできます。

 

今では、「クレジットカードの機能だけにする」という形で契約する方がむしろ手間がかかるまでになっています。
内容としては、クレジットは「立て替え払い」で、「キャッシング」は「借金」といった違いがあります。

 

クレジットで買い物をする時は、「自分に代わって、業者が一時的に立て替えてくれる」という形になっています。
お金は現金にしろ、口座への振り込みにしろ、自分の方には一度も渡っていません。ですから、「借金」ではありません。

 

当然、立て替えてもらったのですから、その分は後で相手に渡さなければなりません。
翌月の一括払いでは、プラスアルファのお金は必要ではありません。が、分割などにすると、必要になってきます。
よくこれも「金利」と呼んでいるものを見ますが、厳密には「立て替え手数料」です。

 

 

一方の「カードキャッシング」は借金です。
現金を出してもらったり、自分の口座に振り込んでもらいます。
何かを買う時はそのお金で自分で支払うことになります。
また、借りている間は当然、金利がついて額が膨らんでいきます。

 

この借金したり返したりを手間がかからないように、カード&ATMで済むようにしたのがカードキャッシング、ということになります。

 

キャッシングの申し込み条件

キャッシングの加入契約には必ず審査があります。

 

今は店舗での申し込みであれ、インターネットでの申し込みであれ、「その場で審査結果が出る」というのが、多くの業者のセールスポイントになっています。たとえ、数秒で結果が出るものであっても、審査自体をやっていないことはありません。

 

普通にお勤めをしているような人ならば、まずは大丈夫でしょう。

 

審査といっても落とすのが目的ではありません。相手の業者も一人でもお客さんが欲しいはずです。だからこそ、多額の費用を使ってまで宣伝しているのです。

 

が、向こうから見て、返済能力に問題のありそうな人には貸したくないのも確かでしょう。

 

で、その問題がありそうな人とは、まずは収入のない人、少ない人。あるいは今はそれなりの金額があっても安定していない人。

 

また、頻繁に住所や勤務先を変更する人も歓迎できないようです。

 

もちろん、過去に借金の返済が滞ったことのある人もです。

 

この記録は「信用情報」といいます。よくいわれる「ブラックリスト」です。が、何も要注意人物の名簿になっているわけではありません。金融機関同士が情報を出し合い、供給するシステムがあるのです。

 

契約するときは必ず、業者はこれを照会します。仮に自己破産の過去でもあると、まともな業者は契約してくれないでしょう。

 

また、専業主婦で自身の収入がない人は、契約に手間がかかります。自分の代わりに夫の返済能力を審査する形をとるところが多いからです。

失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング業者は無数にあります。テレビなどのCMですでに社名が耳になじんでいるようところもあれば、聞いたこともない、看板を見ただけでも怪しげなところも正直のところあります。

 

安易にキャッシング業者を選んで、失敗して破たんする人がいるのも事実です。あちこちの借金を重ねて首が回らなくなる「多重債務」なんて言葉は聞いたことはあるでしょう?

 

こういったことにならないためには、とにもかくにも業者選びが大事です。

 

絶対に避けなければならないのは、いわゆる「ヤミ金」です。これはドラマだけの世界ではなく、実際にあります。

 

多くの人は、自分では近づいていかないようにしているつもりでしょう。

 

が、中には普通のキャッシング業者の審査には通らないような人もいます。何軒も落ち、時間がかかっていると、「早くお金の工面をつけなければ」と焦りも出るでしょうし、どんどん訪ねるキャッシング業者の質も落としていかざるを得なくなるでしょう。

 

そんな状態では多くの場合、借りることができたらできたで次の地獄が待っているだけです。

 

まずは、だれでもが知っているような大手のキャッシング業者で審査を受けましょう。怪しげな業者しか審査が通らないようであれば、借金はあきらめて、ほかの手段を探す方がいいでしょう。

 

この業者には銀行系、信販系、消費者金融系とあります。

 

大手のしっかりした業者の中にも、審査は厳しく時間もかかる代わりに貸出金利が安いところ、まったくのその逆のところがあります。その時の自分の必要に応じて選ぶ必要があるでしょう。

 

主婦がキャッシングを利用した時、夫にばれない?

 

2010年に貸金業法が改正されました。これはキャッシングやカードローンの業者を規制する法律です。

 

ですから、契約を考えている人はこれ以降の説明を見なければなりません。

 

ネット上には古いものの残っていて、「主婦でも簡単にカードキャッシングができます」なんて書いてあるものもあります。が、状況は変わりました。

 

もし、夫にばれずにキャッシングをしようというのであれば、自身もある程度の収入があることが第一の条件になります。

 

というのは、「総量規制」が新しく設けられたからです。これは「無担保の借金は年収の3分の1を超えてはいけない」というものです。

 

300万円の収入があるとして、100万円までが一時期に可能な借金の上限ということですね。

 

これは数社に借金がある場合、全部トータルします。データは業者が共有できるシステムがあるので、秘密にはできません。

 

また、単に一定レベルの収入があってもダメです。ある程度安定していることが必要です。

 

もし、自身のほとんど収入がなければ、「夫の信用力で契約する」という手段が残されています。

 

つまり、自身のではなく、夫の返済納涼区を審査してもらうのです。

 

が、これには夫の収入を証明する書類や夫の同意書を出す必要があります。この時点で、「夫に黙って」は無理ですね。

 

こうなったのは、夫や家族が知らないところで、偏差不能までの借金を作ってしまう主婦が多かったせいです。「面倒なことになった」よりも「安全になった」と考えるべきでしょう。

 

更新履歴